【終了】4/14土 10時~「槌音」「ちかくてとおい」上映会

私たちにご縁が深い、岩手県大槌町出身の大久保愉伊(おおくぼゆい)監督作品2本の上映会を開催します。大久保監督の家族も実家も、東日本大震災で被災しました。発災時、東京在住だった大久保監督は、駆けつけたふるさとの様子を、スマホで記録しました。変わりゆく大槌町の様子も記録を続けています。

監督の2作品を鑑賞し、監督からもお話を伺うことで、岩手県大槌町に、そしてそこを襲った大津波に思いを馳せたいと思います。

「槌音」は、2011年度日本映画復興会議・奨励賞受賞作品です。大久保さんが東京に持ち出していた震災以前の大槌町の映像と、2011年3月下旬に大槌町で撮影した映像を交互に映し出し、昔と今の大槌町を「音」でつないだ作品です。
予告編映像

「ちかくてとおい」は、2015年の作品です。13年12月、大久保監督には姪が産まれました。かつて町があった場所は、土に覆われ、地層の一部になる。その地層にあった風景を、新しい町に立つ彼女に伝えたい、と言う思いで作られた作品です。
ホームページ https://www.chikakutetooi.com/
予告編映像

この2本の作品を上映後、大久保監督本人からもお話を伺います。

多くのお越しをお待ちしています。
下記フォームからお申し込みください。

事前予約(4月13日中に申込★延長しました★)1000円、当日受付1200円です。

上映情報
日時: 2018年4月14日 10時~12時半
場所: かながわ県民センター2階ホール(横浜駅西口徒歩5分)地図
主催: 認定NPO法人かながわ311ネットワーク
共催: かながわ「福島応援」プロジェクト(kfop)
NPO法人かながわ避難者と共にあゆむ会
協力: かながわ県民活動サポートセンター
かながわ災害ボランティアバスチーム
問合せ:✉info@kanagawa311.net   📞070-5577-5394
入場料:1,000円(4月13日までのお申込)当日券 1,200円

了終了しました。。

フォームを利用できない場合は、info@kanagawa311.net 宛てに、メールでお申し込みください。