「いのちを守る」防災教育応援団、サポーターを募集しています

「いのちを守る」防災教育応援団、サポーターを募集しています

「子ども自身が生き残る」防災教育へ

これまでの防災教育といえば、思い浮かぶのは学校の避難訓練。
長らく続いてきた避難訓練は、先生が子どもたちを安全に避難させるために設計された先生のための訓練です。「大人が子どもを守る」という考えに基づいて進められてきました。
しかし、東日本大震災で私たちは自然の驚異を目の当たりにし、「自分の命は自分で守るしかない」と痛感しました。被災地で出会ったたくさんの方から「自然災害は大人も子どもも関係なく襲ってくる。子どもたち一人ひとりが災害を生き延びる力をつけないといけない」「東北の教訓を神奈川で活かしてほしい」と言われてきました。
日本は災害大国。毎年台風が上陸し、近年は集中豪雨による土砂災害や水害が増え、火山活動も活発になり、首都直下や南海トラフ地震の心配もあります。
未来を担う子どもたちが、災害が起きたその日その時、自分で考え判断し、一所懸命に自分の命を守る行動を取れる子どもになるために、私たちは防災教育事業に取り組んでいます。

学校の現状

すべての子どもが生き抜く力をつけるためには、義務教育期間にいかに取り組めるかが重要と考え、小中学校の先生方に学校での防災教育の現状をヒアリングしました。
そこで上がってきたのは、

  • 防災教育の重要性は理解しているが、何をやったら良いかわからない。
  • 何か特別なことをしないといけない気がして、負担感が大きいし、そんな時間は取れない。
    (今の授業や行事でめいっぱい)
  • 担当者が変わるとなかなか続けるのが難しい。
  • 近隣の学校で取り組んでいることが分ればやれそうな気がする。
  • 困ったときに教えてくれる人や子どもたちに指導してくれる人がいるといい。

という声でした。

私たちの取り組み

1.かながわ版防災教育プログラムの作成
教科授業と防災を連携させることで、先生方が負担感なく取り組めるプログラムになっています。
授業のカリキュラムに組みこむことで、先生が変わっても継続することが可能になります。

2.防災教育ファシリテーターの養成
より楽しく学べるように防災ゲームなどの教材を導入します。防災ゲームの指導ができ、地域防災と
学校防災の知識を持つ、防災教育ファシリテーターを養成します。

3.先行事例の情報発信とネットワーク
すでに熱心に取り組んでいる学校や、学校と地域が一緒に取り組んでいる事例を紹介します。
防災の関係団体や大学教授とのネットワークを生かし、様々な情報を提供します。

事業内容の詳細は、こちら。

サポーター募集

<ご協賛いただける企業の方>
一口50,000円~ご支援いただけます。HPの協賛企業一覧や本事業で作成する資料に御社名やロゴを掲載させていただきます。
ご協賛いただける場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。
<ご寄付いただける企業の方>
一口10,000円~ご支援いただけます。下記防災教育サポーター一覧に御社名を掲載させていただきます。
ご寄付いただける場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

振込口座 ゆうちょ銀行 店名:〇二八(ゼロニハチ) 普通:8375173
名義 トクヒ)カナガワサンイチイチネットワーク

<個人サポーターの方>
すべての子どもが生き抜く力をつけるために、あなたの想いを届けませんか?
この事業をお金で支援してくださる方を募集しています。一口5,000円~ご支援いただけます。
【申し込む】ボタンをクリックし、カートに入れる⇒ゲスト購入するの順に進み、個人情報の入力をしてください。

mousikomu

<問い合わせ先>
NPO法人かながわ311ネットワーク
e-mail:bosaikyoiku@kanagawa311.net
電話:070-5459-8483(担当 石田真実)