私たちは東北の復興を応援しています


報道関係各位
2014年10月13日
311net_201410-01

NPO法人かながわ311ネットワーク (以下311ネット、代表理事:伊藤朋子) は、11月9日(日)、シェアスペース「BUKATSUDO(ブカツドウ)」(横浜市中区みなとみらい)で、東日本大震災からの産業復興を継続的に応援していくため、東北の食材を食べて応援するボランティア交流イベント「復興キッチンVol.8-秋の東北食材をフレンチで堪能」を開催します。今回は東京・五反田のフレンチ&イタリアンワインバー「Chez hiro(シェ・ヒロ)」の料理長で、復興キッチンのボランティアスタッフでもある、高橋 弘和(たかはし ひろかず)氏の監修のもと、岩手・宮城の旬の食材をふんだんに使った創作フレンチを提案します。(シェ・ヒロHP: http://www.chez-hiro.jp/index.html )

復興キッチンは、何らかの支援をしたいという思いがありながら、なかなか現地に行くことができないという方でも、横浜において東北の食を体験し、おいしい食材を購入することができ、被災者でもある食材提供者と交流を図っていただけるよう企画したイベントです。「食べて満足」で終わらず、参加者には価値ある食材の流通促進を進めていただき、東北の産業復興につながっていくことを願っています。2013年7月に始まり、今回が8回目。
今回は、今が旬の気仙沼のサンマを使ったカルパッチョや香草焼き、旬の魚を使った料理や季節野菜の料理などが登場する予定です。また、今年6月にオープンしたばかりのみなとみらいのシェアスペース「BUKATSUDO(ブカツドウ)」で初めて開催します。

【イベント概要】
日  時: 2014年11月9日(日)17:00-19:00 (開場:16:40)
会  場: BUKATSUDO http://www.bukatsu-do.jp/
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 ドッグヤードガーデンB1F
みなとみらい線みなとみらい駅徒歩3分・JR桜木町駅徒歩5分
定  員:40名(事前申込制)
参 加 費:3,500円(当日現金払い お酒別)
対  象:東日本大震災の復興を応援したい方・東北食材をお取り寄せしてみたい方
申し込み:311ネットホームページの申し込みフォームより http://kanagawa311.net/9241/
主  催:NPO法人かながわ311ネットワーク

【問い合わせ先】
NPO法人かながわ311ネットワーク
・E-mail:fukkokitchen@gmail.com
・Tel:045-312-1121 (内線4140)  「かながわ災害救援ボランティア活動支援室」の電話番号です。
※問い合わせ受付曜日・時間:毎週火・水・金(13:00~19:00)。これ以外の時間はメールでご連絡ください。
・Fax:045-330-8709 045-670-2270 (2015年5月20日~)【24時間対応】
「NPO法人かながわ311ネットワーク」とは
2011年3月11日の東日本大震災から約3年半、今なお多くの人が仮設住宅での暮らしを余儀なくされ、復興を進めるにあたっては様々な問題が浮き彫りにされています。震災を機に起ち上がった「かながわ東日本大震災ボランティアステーション事業*」で復興支援活動に携わってきた各チームのリーダー他の有志が集い、2013年5月、新たに「かながわ311ネットワーク」を起ち上げました(同年10月にNPO法人化)。現在は定期的に被災地へボランティアバスを運行。現地で植樹活動を行っているNPOの支援の他、ホームページ作成支援など、多彩な支援活動を行っています。県内では、被災地東北の食材を使って、神奈川の料理人がつくる料理を堪能する「復興キッチン」やチャリティー販売会、若者を対象とした交流会、被災地の今を知る勉強会の開催など、地元神奈川で参加できる様々なイベントを行っています。また神奈川の地域防災力の向上のため、SNSやデジタルマップを使った防災勉強会の開催や講師の派遣なども行っています。

※「かながわ東日本大震災ボランティアステーション事業」とは
東日本大震災の被災者救援・復興支援のためのボランティア活動の一層の促進を図るため、2011年4月11日から2013年3月31日までの2年間、神奈川県(かながわ県民活動サポートセンター)と神奈川県社会福祉協議会、神奈川災害ボランティアネットワークの三者の協働事業として設置されました。
中心となったボランティアバス事業では、事業期間中に、宮城県へボランティアバス210台参加ボランティア延べ6,819人、岩手県へボランティアバス161台参加ボランティア延べ4,514人が活動しました。また2011年7月24日から2013年3月末まで、神奈川県が岩手県遠野市に開設したボランティア活動拠点「かながわ東日本大震災ボランティアステーション遠野センター(愛称『かながわ金太郎ハウス)」を活用し、継続的な支援を展開しました。その他、イベントや勉強会の実施、物資提供、ITを活用した情報支援、県内避難者支援など、神奈川県内でも様々な活動を行いました。

◆本件に関するご取材等のお問い合わせ先:
かながわ災害救援ボランティア活動支援室
045-312-1121内線4140(火・水・金13時~19時)
NPO法人かながわ311ネットワーク
info@kanagawa311.net
http://kanagawa311.net/ 

PDFはこちらからご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*