私たちは東北の復興を応援しています


10603857014_a370cca2b0_b福島県、と聞いてみなさんはなにをイメージしますか?
前回参加していただいた高校生・大学生の多くが「原発」「汚染」といったイメージを持っていました。確かに東日本大震災後、原発事故が起こり福島県内の状況は変わりました。
でも、一体なにがどう変わっているのでしょうか。
観光者の減少?放射線の危険?またその情報を皆さんはどう考えますか?
そしてそのような変化から、私たちが学ぶべきことはあるのではないでしょうか。
私たちの地域が今だからこそ、福島県から学べることを考えてみませんか。
「原発」賛成反対、という視点からの勉強会ではなく、福島県そのものを見ていきたいと思っています。

「知る」ってどういうことだろう?
そんなテーマに立って一緒に勉強できればいいなと思っています^^

【イベント概要】
日時:平成26年3月2日(日)13:00~16:30
会場:かながわ県民センター 11階講義室 (横浜駅から徒歩5分)
対象:福島に興味のある高校生、大学生、社会人
参加費:300円(福島の銘菓を取り寄せます。当日徴収いたします。)
主催:NPO法人かながわ311ネットワーク 教育こども支援チーム「Rily Vell」
参加申し込み:末尾のフォームよりお申込みください。

◎プログラムの紹介◎
福島県を様々な視点で見つめるプログラムとして少人数のグループで観光地を調べ、クイズに挑戦します。
ゲストスピーカーによるお話は現地の声に耳を傾ける良い機会になります。
今回もゲストスピーカーは福島大学災害ボランティアセンターからお招きする予定です。
最後に参加者全員で福島県と首都圏の線量を調べて地図に書き込み情報共有をします。
途中休憩では福島の銘菓を用意しています。
この機会に“視”“聴”“覚”で福島を感じてみませんか?
新たな発見があるかも…

≪今回のお取り寄せスイーツ≫
ただいま、厳選しております!しばらくお待ちください。

【問い合わせ先】当日スタッフとしてお手伝いいただける方は、こちらにメールください。
Mail:rilyvell<アットマーク>kanagawa311.net
Tel:045-312-1121(内線4140) ※交換に必ず内線番号をお伝えください。
お問い合わせ受付曜日・時間:毎週 火・水・金 13:00~19:00
上記以外のお時間はメールをご利用ください。

※「Rily Vell」とは
すずらんの英語表記(Lily Bell)で、「幸福が帰る」という花言葉があります。また、頭文字をRとVに変えており、Rは「Revive(復興させる)」という意味、Vは「Vital(活力ある)」という意味で、若者の力で復興させようという思いが込められております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*