私たちは東北の復興を応援しています


福島、FUKUSHIMA、フクシマ……
震災から2年半が経とうとしており、人々の生活もまた変化しつつあります。
福島県は地震や津波による被害だけでなく、原発事故、その後の風評被害にも大変悩まされています。
こうした複合災害に対し、首都圏に生きる私たちは、なにも学ぶ必要はないのでしょうか?
ふくしまをクローズアップし一緒に気づきを見ていきませんか。

【イベント概要】
日時:平成25年9月29日(日) 13:00~16:30(12:30開場)
会場:かながわ県民センター11階 講義室1
対象:福島に興味のある中学生、高校生、大学生(大人の方も受け付けておりますが、見学のみのご案内です。)
参加費:300円(福島の銘菓を取り寄せます。当日徴収)
企画:かながわ311ネットワーク 教育・こども支援チームRilyVell

【当日プログラム】
 ・ふくしまってどんなところ?
 ・福島県に関わるクイズ
 ・ゲストスピーカーによる講演(講師:福島学グローバルネットワーク 関根文恵様
 ・休憩 ~地元の名産お菓子とともに~
 ・線量に関する情報をあつめてみる!サイトで見つかる線量って信じるべき?
 ・振り返り

mousikomu

【問い合わせ先】
Mail:rilyvell<アットマーク>kanagawa311.net
Tel:045-312-1121(内線4140) ※交換に必ず内線番号をお伝えください。
お問い合わせ受付曜日・時間:毎週 火・水・金 12:00~19:00
上記以外のお時間はメールをご利用ください。

※「Rily Vell」とは
すずらんの英語表記(Lily Bell)で、「幸福が帰る」という花言葉があります。また、頭文字をRとVに変えており、Rは「Revive(復興させる)」という意味、Vは「Vital(活力ある)」という意味で、若者の力で復興させようという思いが込められております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*