私たちは東北の復興を応援しています


東日本大震災の時、多くの人が列をなして帰宅する様子を覚えていますか?

あの行動は、学校で行ってきた避難訓練の大きな成果です。学校教育が子どもたちに与える影響は非常に大きいものです。
学校での防災教育が、子どもたちにとって興味深いものになり、主体的、日常的に取り組むことができれば、子どもたち自身が自分で考え、行動し、自分の命を守ることができる。
そうなることを願い、「かながわ版防災教育プログラム」を作成しました。本プログラムの説明と合わせて、教育関係者のみなさまからご意見をいただき、プログラムに反映させたいと考えていますので、ぜひご参加ください。
また、興味関心をお持ちの方もご参加いただけます。

「自分の命を自分で守れる子どもたちを育てるために」
少年たち

会場は、横浜市、逗子市で開催します。随時日程は更新していきます。

横浜会場:かながわ県民センター アクセス 11階パートナーシップルーム
日時:12月8日(火)、15日(火)、22日(火)
時間:18時~21時
参加費:無料
内容:「かながわ版防災教育プログラム」概要説明、本プログラムに関する意見交換

逗子会場:逗子市民交流センター アクセス  第一会議室
日時:12月18日(金)
時間:18時~21時
参加費:無料
内容:「かながわ版防災教育プログラム」概要説明、本プログラムに関する意見交換

*事前連絡は不要です。都合のいい日時に直接会場へお越しください。

問合せ:NPO法人かながわ311ネットワーク 防災教育担当 石田真実
TEL: 070-5459-8483 MAIL: ishida@kanagawa311.net

防災教育プログラム説明会ちらし
teacher_man