私たちは東北の復興を応援しています


水害被災地へボランティアとして行く方に情報です。
水や泥をかぶった写真でも、あきらめないで救う方法があると、(一社)三陸アーカイブ減災センターのボランティア有志の方々が訴えています。泥まみれになった写真でも、できるだけ早く丁寧に洗浄して乾かす応急処置を施せば、ほとんどがきれいに再生できるそうです。
応急処置の方法は、富士フイルムのページに詳しく出ています。
洗浄ボランティア有志の連絡先は;
2015gouu.omoide(アット)gmail.com 〈(アット)を@に替えてください〉
現地に行かれて “水に濡れて写真がだめになった” という話を聞いたら、ぜひ “あきらめないで” と、この応急処置の方法を教えてあげてください。
syashinnkannsou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*