私たちは東北の復興を応援しています


2015年度が始まりました。
私達、NPO法人かながわ311ネットワークも、3年目の活動をスタートしています。
下記の日程で事業説明会と懇親会を行います。講演会の後、2014年度の事業報告と2015年の事業計画についてお話しさせていただきます。
NPO法人かながわ311ネットワークでは、今年度から、神奈川県の支援を得て小中学生を対象とした防災教育プログラムをスタートします。その他様々な事業を展開していきます。
946464_10151634822951350_1953281076_n 14319719775_1b6073662c_z 7573

事業を行うには、皆様のご支援とご協力が必要です。
本年度もどうぞよろしくお願い致します。

【日時】5月16日(土)
16時~講演会
17時30分~事業説明会
19時30分~懇親会(会費4000円程度)
【場所】 講演会及び事業説明会 かながわ県民センター11階 講義室2
懇親会会場は別途お知らせいたします。
準備の都合上、お申込をお願い致します。
mousikomu

【講師紹介】 平田洋子さんは、気仙沼ボランティアネットワーク聖敬会事務局長、気仙沼ミサンガプロジェクト代表です。(写真右側)紹介記事BzSTYLE
11134346_801830746576388_680951770_n2

平田さんは、当時居住していた気仙沼で、震災後、支援物資の仕訳などから支援活動を始めました。支援が行き届かず、孤立している在宅避難者に目を向け、困まりごとを聞く傾聴活動を行っていました。この活動は、現在も『気仙沼ボランティアネットワーク聖敬会』として、在宅被災者の傾聴を中心に、地元気仙沼で継続しています。
『気仙沼ミサンガプロジェクト』は、この傾聴活動の中から生まれたプロジェクトです。様々な事情で、働きに出ることができない方々に仕事を提供し、被災者の働く意欲を応援することを目的にしています。
東日本大震災から4年、震災は社会の歪みをより大きくし、弱者に、より大きな衝撃となって襲いかかっています。被災者が現在かかえる問題と復興の現状についてお話いただきます。

ミサンガプロジェクトの作品
(左からミサンガ、布(ハンカチ)祝儀袋、ハンドタオルを使ったポチ袋)
ミサンガ  布祝儀袋 11119078_801830723243057_1979369642_n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*